上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本橋オーバルスピリッツ
ラグビー部各位

みなさま
ご無沙汰しております。
シンガポールに駐在中の鳥海です!元気にしてましたか?

さてこのブログ更新も本当に久しぶりですが、
これからはシンガポールのラグビーなど含めてたっぷり紹介しようと思います。

実は長年悩んでいたアキレス腱痛が南国の暖かさのせいか嘘のようになくなり
先月より現役復帰しております。

聞けば私より年上の現役選手(クレイジーなおじさん達?)も同様に
シンガポール駐在で古傷が痛まないということで現役に戻った方もいるようです。
その反面ですが、練習や試合後の飲み会がとても激しく(nosの15年前のような感じ)痛風の持病を
患った方もいるので年齢的には気をつけねばとも思っています。

さて私の所属しているシンガポールジャパニーズは早慶出身の若手から五十代の方まで
結構本気で練習も行っています。私自身も最近は本当にラグビーが楽しくて仕方ありません。
マジでレギュラー狙っています。

また毎年12月ごろにはアジアの駐在ラガーマンが数百名集う大会が今年は台湾で開催されます。
アジアンカップと呼ばれるこの大会は昨年シンガポールが優勝し、今年も連覇を狙います。

早速有給を申請して私もこちらに参加する予定!
結果を乞うご期待ください。




2013.10.09 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆さんお久しぶりです
まだまだ寒い日が続きますが、風邪などひいてませんか?

さて
2011年~2012年シーズンが本日の日本選手権で終了しました。
結果は予想を裏切ることなく、サントリーがパナソニックを退けましたね。

この一年間は日本ラグビー界の将来を占う上で大変貴重なシーズンでしたが
それと同時に様々な課題(言い換えると悪い部分全て)が露出した年でした。

◎W杯で1勝もできず

◎それに伴うメディアへの露出低下、盛り上がりの低下

◎早慶明不在の大学選手権における観客動員の大幅な低下

◎トップリーグ各チームにおける外国人選手への依存度が大幅増加
 (勝つも負けるも外国人の補強次第という事実)

◎草食系男子、乙メン男子など明らかにラグビーの競技特性に逆行している社会の風潮

これだけ見ると10年後には、ラグビーそのものがなくなってしまうのではないか?
という危機感がありますが、協会自体も改善策がなく、打つ手無しと言った状況かなと思います。

今後ラグビーはどうなってしまうのでしょうか。
昔流行っていた痛そうなスポーツということでその役目を終え
一部のマイナースポーツと化してしまうのでしょうか?

そうならないために、我々のようにラグビーと共に青春を過ごし生きてきた人間が
立ち上がらなくてはと思いますし、草の根活動の担い手になる必要があると思います。

日本協会は代表強化が一番の課題であるのは間違いないですが
今後はラグビースクールおよびクラブチームへの支援に少しでも力を注いで頂きたいと思います。

たとえばスクール主催のイベント・合宿等の費用を協会負担として参加率を高める。
クラブチーム登録選手の2倍数の観戦チケットをチームへ配布し、
一般の方を誘って会場に試合を観に行ってもらう。

などなど出来ることはたくさんあります。
ファンの拡大⇒選手数の拡大⇒代表が自然に強くなる!

ここを目指せるように協会にはぜひ検討して頂きたいと思います。








2012.03.18 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆さん
お疲れ様です&大変ご無沙汰しております。

先日トップリーグのファイナルを観戦しました。
試合自体はサントリーの圧勝でパナソニックは全く歯が立たず
という内容でしたが、ジョージスミス・フーリーデュプレア・ジャックフーリーの
3人はさすが世界を代表する選手だけあって、その存在感は群を抜いていましたね。

それに加えて、ブラッドソーン、ミルズムリアイナ、マーアノヌーなど
トップリーグ在籍の外国人選手は凄い!凄すぎるの一言。

ただこれほど世界のトッププレーヤーが集まっている割に観客動員はいまいちで、
初心者はほとんど増えていない様子。

このままだと2019年度ワールドカップ自国開催が本当に心配になってきますね。
本来であれば今からでも草の根活動を行い、我々のようなクラブチームを支援し
そこからファン層を拡大するのが望ましのですが、なかなか思うようにはいかないですね。

1人1人がラグビーが発展に貢献できる場所があれば良いなと思うこの頃でした・・・







2012.03.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
やった!
やりました。
何と立て続けに3連発!
信じられない。不惑を迎えたこの年に、こんなに嬉しい事が起こるなんて
アンビリーバブルです。

その?
ニュージーランド・オールブラックスがワールドカップを制しました。
一時は大黒柱カーターの離脱でどうなるかと思いました。
また決勝戦のフランス戦では、相手の猛攻が続き、ドキドキしっぱなしでしたが
何とか最後まで集中力を切らさず頑張りましたね。
男リッチーマコウはやっぱり格好良かった。

連日HUBで飲んだギネスビールも最高!

その?
母校秋田中央高校がまたしても花園出場決定!
聞けば主将が夏休み中の事故で亡くなったとか・・・・・・
残った部員一同、彼の分までガンバレ! 今年こそ8強入り目指そう!

最後に?
こちらも母校流通経済大学が初の関東大学リーグ戦優勝!
後半ロスタイムに入ってからの逆転ドラマでした。
当日はOB諸氏とも秩父宮で応援しました。
監督の内山達二は私と同級生です。

来季もこれ以上の良いことがありますように。

2011.12.02 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ショッキングなニュースが舞い込んできました。
オールブラックスの至宝・ダニエルカーターが練習中の怪我で
ワールドカップを離脱することになってしまったようです!

NZ国内もこの話題で騒然となっており
後任は誰になるのか?スレイドかクルーデンか?
果たして自国開催のW杯をNZは最後まで勝ちぬくことができるのか?

私自身海外ラグビーを本格的に見始めてから
NZを応援し続けています。

●アンドリューマーテンズ
●カルロススペンサー
●ダニエルカーター

歴代の10番はそれそれが当時の世界を代表するSOですが
まだひとりもW杯の頂点に立っておらず
今年こそオールブラックスファン・NZ国民の悲願が、
カーター1人ににかかっていたと言っても過言ではなかったと思います
それだけに今回の怪我は当人にとっても大変ショックではなかったでしょうか。

さて、追い込まれたNZですが
キッカーの代役としてはウイップー
SOはクルーデンが有力ですが、このピンチだからこそ全員で乗り切って優勝を
して欲しいと思います。

勝利の女神ははたしてNZに微笑むのか?どうなのか?
今週末からの決勝トーナメント【HUB】で観戦します
2011.10.05 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。