上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
HELLO!
南の小さな島からまぁライオンです。ご無沙汰しています。

昨日の話ですが、日本代表の快進撃が止まりません。
(サッカーではなく勿論ラグビーですよ。)
イタリア代表に勝利しましたね。おめでとうございます。
テストマッチ10連勝!これは近年稀に見る偉業と言っても
差し支え無いかもしれません。
ほぼ負け知らずのオールブラックスでも現在17連勝中ですが
レベルの違いはあれど立派です。来年のW杯が楽しみです。

とにかく勝ち続けて自信を保ち続けるのが大切です。

ただ何事にも上手く行き始めると、いろいろ批判が出てくるかも
しれませんね

恐らく批判の対象になるのは、やはり外国人問題でしょうか?

以前は私もそのような考えがありましたが、海外に住み始めてから
実際にほとんど気にならなくなりました。

日本以外のほぼ全ての国は移民だらけだからと言う答えなのですが、

ちなみに私の職場にはシンガポール人、中国人、マレーシア人、
フィリピン人、日本人、ミャンマー、ベトナム人の多国籍集団です。
同じ職場で志を一つにして働いていることに違和感はありません。
気分的には全員がシンガポール代表です。

かつてバショップやジェイミージョセフなどNZの英雄を
ジャパンマネーで日本代表にしていたのとは訳が違います。

リーチ、ホラ二、トンプソンは既に日本国籍取得している日本人ですし、
そのうち2人は高校時代から住んでいるので流暢な日本語喋ります。
ホラニに至ってはラグビーも日本で初めて覚えた完全なホームグローンです。

日本人は見た目の違いに違和感を抱くことが多いのですが、
反対に親近感を持つのは何だと思いますか?
そうです!日本語の習熟度ですよね。

海外でよく日本語で話しかけられて騙される事件が後を絶たないのは、
日本語スピーカーに対しては外国人でも親近感がわきやすいという事実
だと思います。

そうです!これからはマスコミにもどんどんリーチ主将に対しては
日本語で質問して下さい!完璧な返答が貰える事でしょう。
そうすればファンも余計な思いが入らずに、ラグビー代表を応援してくれるの
ではと思います。応援が熱くなり代表チームの実力が伴えば
必然的に以前のようにラグビーが再び盛り上がってくれると信じています。

楽しみですね。









スポンサーサイト
2014.06.22 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先週末の土曜日ですが、KLジャパニーズラグビークラブとの定期戦
マラヤカップが行われ、結果として20対0でシンガポールが勝利を収めました。

さてチームMVPを目指す私ですが、後半全部出場予定のはずが
何と腰を強打してしまい10分で退場してしまいました。無念です。
敵のFWが強力で密集からのボールがほとんど出てこず、ついついモール、
ラックで激しくファイトし過ぎましたね。幸い大事には至りませんでしたが、
一瞬まともに歩けなくなりました。辛いです。。。。。

トレーニングで大分走れるようにはなってきたのですが、コンタクトプレーは
まだまだ本調子では無いですね。これも年齢のせいか?

終了後は東家というしゃぶしゃぶ食べ放題(ラガーマンにはピッタリ)
ファンクション実施!参加者おそらく70名位ですかね?飲み過ぎ、食べ過ぎで
気持ち悪いくらいです。

以上こんな感じで毎週過ごしています。
次は六月のバンコク戦が天王山です。おそらく現時点でアジアナンバーワン!
すなわち世界一かも知れないです。相手にとって不足なし!
頑張ります。

2014.03.11 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本は雪が積もって寒いですか?
こちらシンガポールは乾季に突入し、照りつける日差しが
強烈になって来ました。

炎天下気温32度を超える中、シンガポールのローカルチーム
セントアンドリュースと昨日試合を行いましたので報告します

試合前は、あまりの暑さと60分という試合時間の事を考えると、
ちょっと鬱になってしまいましたが、いざ始まってしまえば、
シンガポールの猛攻で最後は圧勝です。
私はトータル45分間、スクラムハーフで出場です。
猛練習とフィットネストレーニングのおかげで大分走れる
ようになりましたよ。 さぁ次はマレーシアチームとの試合が来月
にあります。さらには六月のバンコク戦が天王山となります。

フルタイム走り切れるようになるには、もう少し練習が必要ですが
何とか間に合わせたいと思っています。週一回のウエイトと練習参加
でペースを上げて行きます。

今年は本気!でチームMVP狙ってますよ。皆さんご期待下さい。
試合結果続報はまた後ほど!

追記:35周年が近づいて来ましたね。
今回はどうしましょうか?海外遠征?
2014.02.23 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
謹賀新年!
皆さん明けましておめでとうございます!
この季節は年間でも最高にラグビーが盛り上がるシーズンですね。

ダイジェスト版で見ましたが昨日の高校決勝は面白かった。
プレー云々というのはさておき、高校生のあのひたむきさを見ると
素直に感動出来るものです。

さて昨年暮れに行われた大会のことを伝えるのを忘れていました。
十二月に台湾で開催されたアジアンジャパニーズラグビーカップの事です。

おそらく日本以外で開催されている日本人による最大の大会だと思います。
何と選手登録数350名、関係者や家族の参加数も含めると
500人近い規模ではないでしょうか。

よくまぁこんなにラグビー選手がいるなぁと感心させられます。
試合は10人制で行われ、エキジビションでOVER40の試合の実施や、
試合終了後のアフターファンクションも500人規模で飲み会が行われます。

さらには日本協会からも元早稲田監督の中竹氏がオブザーバー
としてわざわざおこし頂いております。

このように大会が開催されているわけなのですが、
何故にこんなに人が集まるのか?素朴な疑問でもあり
大変興味深いところでもあります。
しかも、通常は海外駐在に若い人が派遣されることは少ないため、
参加者は30代がメインであることを
考えても、何だか不思議でなりません。元日本代表選手も数人参加してます。

その答えを探しに私自身初めて参加した訳なのですが、結論を申し上げると
それは本気!だからなのです。


どこのチームも同じように週3回練習していましたし、前日も集合して練習。
さらには地元台湾チームは多くの人が有給を取って練習するなど、
この大会にかける意気込みは並々ならぬものでした。

そして試合本番では
怪我をおして試合に出るもの、負けて悔し涙を流すもの、勝利の嬉し涙を流すものなど。
アツくてタフなラグビーという競技を象徴するような場面ばかりでした。

私は思いました。ラグビーを愛するものの根源はいくつになっても
どこにいても不変であると。。。

それは勝ちたいという思い、上手くなりたいという思い、
そして何よりもチームメイトと志を同じくして
戦いたいという本能なのかも知れません。だからいつまでも引退せずに
続けているのかと思います。

やっぱりラグビーは試合が一番楽しいし面白い!現役は引退できないなぁ
とつくづく感じた大会でした。
また今年こそは怪我を治し、万全の体制で優勝カップの奪還を目指します。
頑張るよ!

まあライオンより








2014.01.08 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昔々のその昔、筆者がまだ若かりし二十代前半ごろ迄のお話しですが
ラグビーは大学を中心に花形スポーツとして、世間を賑わせておりました。
当時はバブルが弾けた後と言っても、今ほど景気の落ち込みは激しくなかったのか
鍛え上げられた肉体を武器に新宿や渋谷、六本木を闊歩するラガーマンの夜遊びは派手で
大変モテモテ?だったと記憶しています。

それから二十年が経過した今の様子はどうなっているのでしょうか?
競技人口も当時と比較すると約半分に落ち込み、繁華街の飲み屋でラグビー自慢をしても
えっ何それ?と言われる始末です。何だか喪失感で一杯です。

ところがここ最近私の周りを見渡すと、いつもと少し様子が違います。
日本代表がウエールズに勝ちました。オールブラックス戦のチケットが即完売しました。
そして何よりもラグビー辞めてた人がクラブチームに復帰したり、40歳過ぎのオヤジ軍団が
一週間に3度も練習して大会に臨んだり、
さらには会社の人達との飲み会では、ラグビーなんていうスポーツは本当にキチガイがやるもんだと
言われたことに快感を覚えたり。。等々

少なからず変化の兆しがあるようです。
長々と書きましたが、私伝えたいメッセージはこれです。

今こそ立ち上がれ40代ラガーマン!

いいじゃないですか!もう一度熱い青春時代を思い出そうよ。
中年の危機!?ミッドライフクライシス!?冗談ではありません。
一度きりの人生だから楽しもう。怪我が何だ!仕事への影響?そんなの忘れちゃえよ。
トレーニング次第で体力は元に戻るし、そうなると俄然ラグビーが面白くなる。

ウエルカム!バック!ラグビー!

まあライオンより






2013.11.15 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。